不動産担保ローンを利用してのメリット

不動産担保ローン利用のデメリットとは

不動産担保ローンの融資に成功不動産担保ローン利用のメリットとは不動産担保ローン利用のデメリットとは中堅企業の経営者の不動産担保ローン利用体験談

ただし事業目的での融資は行っていない金融機関もあるようなので、そのあたりは事前に確認することが必要と言えます。
反対にデメリットに感じた面としては、手数料の高さを指摘することができます。
担保ローンと言う融資の性格上、融資を実行することは抵当権設定登記を申請することが条件になっています。
専門家の司法書士に金融機関を通じて依頼することになりますが、報酬に10万円前後に登録免許税という税金を収入印紙で納付する必要があります。
これらの総額を合わせると少なくとも20万円前後の手数料が金利などとは別枠で支払うことになります。
そのため借入額によっては普通のキャッシングを利用したほうが金利なども考慮しても、安上がりにすむ場合もあるようです。
また融資額をおおきくできることは良いことばかかりではありません。
借入額に返済期間は比例するので、金額によっては返済期間が長期間になることも想定する必要があります。
不動産担保ローンは一般的には低金利と評価されていますが、ノンバンク系の金融機関では高金利が設定されている場合があります。
金利も数社を比較して決める姿勢も必要なようです。