不動産担保ローンを利用してのメリット

中堅企業の経営者の不動産担保ローン利用体験談

不動産担保ローンの融資に成功不動産担保ローン利用のメリットとは不動産担保ローン利用のデメリットとは中堅企業の経営者の不動産担保ローン利用体験談

数年前から取引先の数と受注金額が増えたおかげで、会社の業績は着実にアップしています。しかし受注額が増えたために工場が手狭になったので、新しい製造拠点を確保する必要性も高まりました。更に生産のための原材料の購入費用が必要な一方で、取引先からの入金までに数か月かかることも経営上のネックになっています。そこで運転資金と設備投資の資金を調達する目的で、不動産担保ローンを活用することにしました。当初は銀行の無担保ローンを使うことも検討したのですが、審査が煩雑で金利も高いために断念しました。また不動産担保ローンの会社は問い合わせるとすぐに来てくれたので、担保物件の査定と融資条件の決定もスムーズに進みました。そして自社ビルと工場を担保として差し出すことで、1億5000万円の融資を受けることにも成功しました。適用金利は4パーセントなので月々の返済も楽であり、借り入れ期間も20年間なので工場の建設にも役立ちました。更に融資枠の上限以内であれば何度でも借り入れ自由なので、オフィスのリニューアル工事に時にも活用しました。すでに約束通りにお金を返済し続けているので、今後は更に低い金利で借り入れることができる予定です。