AGA治療に使われる処方薬のメリット

ウィッグを作るしかないと思っていたとき広告でAGA治療のことを知った

外出先でヘアースタイルを整えるのに鏡を見た時に、太陽の光で凄く髪の毛が薄くなっていることに気づき室内で見るよりもリアルに感じました。
そこから髪のチェックを頻繁におこなうようになったのですが、それがまたストレスで大変でした。
まず髪の毛が細い部分のこめかみやおでこの生え際のあたりの髪の毛が薄く感じるようになりました。
薄毛は老けて見えるしどうしても改善をしたくて、いろいろなシャンプーを買って試してみました。
頭皮の血行を良くするシャンプーを使ってみたのですが、私にはあまり効果がないように思えてきたので、1ヶ月ほど使用して辞めました。
次に買ったシャンプーは、髪の毛の根元からふんわりさせて髪のボリュームアップ効果があるものを使用してみました。
たしかに毛の根元が立って髪の毛がふんわりしてボリュームが出たので、薄毛が目立たなくなったのですが、抜け毛の根本的な改善にはなっていないので辞めました。
育毛に特化した製品は、非常に高くて毎日使うとコストパフォーマンス的にあまりよくないと思ったのも辞める一つの理由でした。
頭皮をマッサージする育毛剤なども使ってみたのですが、私自身敏感肌で皮膚が弱い体質だったせいか、ちょっと刺激を感じたので使用を中止しました。
美容院で頭皮の血行不良や老廃物をとるヘッドスパなども試してみました。
ヘッドスパの後は頭が軽く感じて良かったです。
食生活も見直すようにしました。
髪の毛に良いとされているわかめやひじきなどの海藻物やごま・大豆製品などを積極的に食事に取り入れてみたのですが、すぐに効果がでるものではないので、長く続ける必要があると感じました。
どうしようもなくなったらウィッグを作るしかないと思っていたそんなとき何かの広告でAGA治療のことを知りました。

まあ賛否はあるだろうけどはじめてAGA治療するならクリニックから入ってその後個人ゆにゅうって順番もあり。
やっぱ何かあった時クリニックだと対応はしてくれる。
ただその“何か”は大体起こらないから自分なりの処方薬がわかったら安く済ませられる個人ゆにゅーに移行でいいと思う。

— サイタマ@若はげ治療21ヶ月目(22歳) (@wakahage_punpun) April 12, 2021

アラフォーになり年齢を重ねていくと薄毛が気になるようにウィッグを作るしかないと思っていたとき広告でAGA治療のことを知ったAGA治療の専門の医療機関に行くことにしました